川口記念2021

川口記念

スポーツニッポン新聞社杯

G2川口記念が、5月26日から30日までの5日間、埼玉・川口オートでナイター開催として行われる。
昨年大会覇者で全国ランク1位の青山周平(36=伊勢崎)がシリーズの中心。中村雅人、永井大介、若井友和、女子レーサー佐藤摩弥らの地元勢にも注目だ。

3期連続NO・1青山周平が連覇狙う
3期連続で全国ランク1位、オートレース界のチャンピオン・青山周平が大会連覇を狙う。 ダブルグランドスラマー永井大介との激闘を制した昨年の優勝戦は、衝撃的だった。グランドスラマー中村雅人、25期・若井友和、森且行らのSG覇者を0ハンに並べ、スーパーハンデを背負って優勝した。青山自身も信じられないと語るほど、価値ある勝利だった。今年はまだSG制覇がない(浜松全日本選抜・荒尾聡、川口オールスター・鈴木圭一郎が優勝)ものの、G1戦を2度(伊勢崎シルクカップ、飯塚特別G1プレミアムカップ)制するなど、抜群の安定感を誇る。

思い出の大会で佐藤摩弥が見せ場を作る
佐藤摩弥にも注目したい。川口記念は、16年に女子レーサーとして初のグレードレースを制した思い出の大会。近況は調子を崩している印象だが、レースに対する熱意は素晴らしい。整備でマシンを立て直し、必ず見せ場を作る。29期の早川清太郎や金子大輔、飯塚の篠原睦、浦田信輔、4月のSG川口オールスターで優出した地元の黒川京介と浜松の鈴木宏和(黒川・3着、鈴木7着)、飯塚の快速派で消音マフラーの実績を残す滝下隼平、山陽の前田淳、長田恭徳、そして川口の将来を担う上和田拓海らの活躍にも期待する。

川口記念とは

2008年に創設された川口オートレース場で実施される

オートレースのGII競走の1つである。

2016年(第6回)より、ナイター開催として実施している。

注目選手

・中村雅人
・佐藤摩弥
・青山周平
・早川清太郎
・金子大輔
・浦田信輔

開催日程

開催場:川口オート
開催日:2021年5月26日~5月30日

口コミ一覧